<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< after C80【april-a】 | main | 金魚アクアリウムに行ってきた1 >>
after C80【april-b】
お久しぶりの更新という更新です。

その前に!
現在C80で発行したchuchubookの通販を行っております。
興味を持たれた方はコチラへ→


今日はC80で発行したchuchubookの4月の制作日記です。

画像クリックで拡大します。

ちなみに、撮影日記の方はこちらです→

とはいえこの4月の衣装等を作っていた時は制作日記を書こうとは思っていなかったので記録があまりありません。
ので、記憶と少々の写メ等を頼りに書いていこうと思います。

というわけで、まずはウィッグの作り方(なんとなく)です。

1.jpg
写メを撮ったのがここからなので…こんな場所からスタートです。

今回私が使用したのは数年前に購入するだけしておいて放置してしまった未開封のメープルさんのウィッグで、100cmまではありませんでしたが結構長かったです。
そのウィッグのみで作っています。
毛は足していません。

4月ウィッグはアップにした2つのお団子ヘアですが、ウィッグをお団子に結び上げているわけではありません。
お団子にする位置の大体のアタリを決めて、まずは左右に毛を分けます。
そしてその分けた毛を今度は前後に分けます。
それが画像の1〜4です。

次に、5ですが中身はチュールをシフォンで包んだものです。
チュールを適当にぐしゃぐしゃにして好みの形のボリュームを作り、それだけではチュールに引っかかってしまうのでシフォンで包みます。
今度はそれを毛で包むわけですが、それには形を分ける為に解かしているうちに抜けた毛や、前髪をある程度決める為にカットした毛を使用しました。
その毛で梳き毛を作り、それを平面にしてシフォンを包んでお団子の元、完成です。

そうやって出来たお団子の元をウィッグに手縫いで直に縫い付けています。

左右につけてこんな感じです。

次に6ですが、これは私が好きで集めていた毛糸を縒ったものです。
ちなみにレース編みは出来ますが、毛糸の編み物はできません。
というかやった事がありません。
なのでこれは毛糸をなんとなく絡めてそこに柔らかめの布のハギレを絡めています。
コードみたいになっているのは和紙の毛糸です。

ところで、1〜4に分けた毛はこの後どうするかと言いますと、細く取り分けていろいろな場所でいろいろな方向に三つ編みにしたり、お団子を巻くように毛を流しています。
基本的には2と4でお団子を包み、1と3は三つ編みにしていますが、それもしっかり分けてしまうと私の大好きな曖昧さが失われそうな気がして2と4でも三つ編みを作っていますし1と3でもお団子を包みにかかっています。
そんな途中経過がこちらです。


そしてここからとっても大事なキーアイテムがGボンド様です!

Gボンドはクリアが大好きです^^
ちなみにこのウィッグ制作にはコチラを丁度1本使っています。

で、何がどうキーかと言いますと小さな手作り毛束を作るのにGボンドがいるのです。
上のウィッグの画像でお団子の所に付いているちょっと不自然な切り方の短い毛、わかりますでしょうか?こんな感じの小さな毛束です。
この毛束は三つ編みの最期に止める時にもGボンドで縒って留めているんですがその接着部から下をちょんぎって毛束として使用したり、お団子を巻く用の毛からも毛束として取っています。

うーん。。。上手く説明できない。。。ので画像で解説しますね。

……きっと画伯にもなれない。

えっと、みなさんの想像力もお借りします(;Å;)
大体毛束にと取る毛の量は鉛筆1.5本分くらいの太さです。
そしてその毛束をぐるっと囲むようにGボンドを塗り、すぐに指で毛に馴染ませます。広げると言うよりは中にGボンドが浸透するようにできるだけ短時間で済ませて下さい。
そして5〜10分放置します。
触ってもボンドが手についてこないくらいに乾いたら指で挟んでぎゅっと圧着します。
そしてその上からはさみで切れば小さな毛束の出来上がりです。

そして出来た毛束にGボンドを付けてお団子に差し込んでいってボリュームを出します。

ここからはウィッグの画像が全然ありません(;Å;)
私の拙い文章力と皆さんの想像力で進めます。

毛束を差し込んでは毛を巻き付け、毛束を差し込んでは毛を巻き付け、飛び出た毛束は馴染むようにカットし、どんどん形を形成して行きます。
三つ編みはとても細いものは幅3mmぐらい、太いものは幅1cmぐらいで30本ぐらい色々な方向に編んでいます。
お団子の中身がいくらチュールで軽くても足した毛で重さが増してくるのでそれを三つ編みで回り込んで引っ張って好みの位置に持って行ったり、飾りのように巻いてみたり、緩く曲げて垂らしてみたりとバランスを取りながら形成し、前髪も整えます。

次にカラーですが、ウィッグにではなく毛糸に着彩をします。
使った画材は

こちらのインクです。
ふたがスポイトになっていて可愛いです。
私はこれを毛糸に塗り、ウェットティッシュで拭き取りを繰り返し色落ちがしなくなるまでやりました。
そして完成したのがこちらです。
class="pict" />

写メだとわかりづらいので綺麗な写真をもう一枚ぺいっ


説明下手で申し訳ありませんでしたが、以上がこの月のウィッグの作業工程でした。
ちなみに、衣装の方はボディに布を被せ立体裁断して作っています。

小道具はうちの蔵に眠っていたのを拝借しています。

以上、長々とお付き合い頂きありがとうございました。
次は3月の撮影日記で(・∀・)ノシ
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://chuchucafe.jugem.jp/trackback/53
TRACKBACK